~善き場所善き物善き知識~善き場所を訪れ、善き物を見て、善き知識を身に付ける事で、心穏やかで感性豊かな人間になりたい。そんなブログ運営をしていきたいと思います。

雄渾雄編雄材大略

生活 知識

意外と知らない!唾液に含まれる成分には私達の体を守る働きがある!

更新日:

こんにちは!自由を目指す雄です。
今日も私のブログにお越し頂きありがとうございます!

子供の頃、ちょっとした切り傷やかすり傷に「ツバつけておけばすぐ治るよ」と、よく両親から言われたものです。

しかし、この言葉。迷信ではないようです。

今回は、唾液が持つ隠れたパワーについてお伝えします。

抗菌・抗ウイルス成分のIgA

IgAとは、抗体を形成する免疫グロブリンの一種で、喉の表面、腸の内側、気管支の内側の壁などの粘膜の表面に存在し、侵入してきた病原菌やウイルスなどの侵入を防ぐ働きに関与しています。

唾液には風やインフルエンザ、虫歯や歯周病、食中毒などから私達の体を守る働きもありますが、その主体となって働くのが、この「IgA」です。

IgAは唾液に含まれる抗菌・抗ウイルス成分の中で最も多く、唾液腺から1日当たり50~100㎎と、非常に多く分泌されています。

風邪やインフルエンザのウイルスは、粘膜から体内に侵入し症状を引き起こしますが、唾液に含まれるIgAは、ウイルスにくっついて粘膜に入り込めないようにブロックしてくれるのです。

IgAに反応された病原体は、唾液に洗い流され死滅してします。

IgAの特徴

1.細菌やウイルスの侵入を防ぐ。

侵入してきた病原体にくっついて、これを無力化するように働きます。

2.反応する異物の種類が多い。

IgAは、特定のウイルスや細菌だけに反応するのではなく、さまざまな種類の病原体に反応します。守備範囲が広いのです。

3.全身の粘膜部分で活躍する。

IgAは鼻汁、唾液や消化管などの表面の粘膜中に分泌され、これらの粘膜表面で外敵の侵入を阻止します。IgAは特に腸に多く存在します。

IgA低下は病気にかかりやすい

IgAが低下すると病気にかかりやすくなります。

このことは、上気道感染症(風邪)の発症と唾液中のIgA濃度の関係を調べた研究でも確かめられています。

同時に、IgAが低いときは、疲労感も高まっています。

激しい運動をすると、唾液の中のIgAが減少し、風邪などをひきやすくなってしまいます。

唾液に含まれるIgAの濃度が高いほど、風邪や虫歯などの感染症になりにくいことが多くの研究で明らかにされています。

R-1乳酸菌でIgAが増加

株式会社明治は、高齢者がR-1ヨーグルトを継続摂取することによりインフルエンザA(H3N2)亜型に反応するIgA抗体の濃度が唾液中で有意に上昇することを確認しています。

高齢者施設入所中の高齢者96人を2群に分け、一方にはR-1乳酸菌のヨーグルト、もう一方には他のヨーグルトを毎日100gずつ摂取してもらいました。

結果、R-1乳酸菌のヨーグルトを摂取していた群は、インフルエンザA(H3N2)亜型に反応する唾液中のIgA抗体の変化率が、別の群より1.6倍高かったという研究成果が出ました。

良質な唾液は唾液腺マッサージで

唾液を分泌する唾液腺は、耳の下の耳下腺、舌よりやや深い位置にある顎下腺、舌の下にある舌下腺の3つです。

1.耳下腺マッサージ
耳下腺からは、消化を助け、口の中を中性に保つサラサラの唾液が分泌されます。

耳の下より少し前、上の奥歯の辺りに3本の指を軽く当て、後ろから前へ円を描くようにマッサージします。2分間で10回以上繰り返します。

2.舌下腺マッサージ
舌下腺からは、抗菌成分IgAを含むネバネバの唾液が分泌されます。

両手の親指を顎の下に当て、軽く上へプッシュします。
7~10回繰り返します。
やりすぎると気分が悪くなることがあるので注意しましょう。

3.顎下腺マッサージ
顎下腺では、両方の唾液が分泌されます。

親指を顎の骨の内側の軟らかい部分に当て、耳の下から顎の下まで押します。
10回以上繰り返します。

唾液腺マッサージを行い、口腔内が潤うことで、虫歯や歯周病疾患等の悪化を防ぎ、誤嚥性肺炎を予防できるなどの効果があります。

唾液の分泌を意識して病原体に打ち勝とう

唾液には私達の体を病原体から守ってくれる優れたパワーがあることが分かりました。

抗酸化作用のある食材、ヨーグルトや牛乳などの乳製品を摂ることも質の良い唾液の分泌に繋がります。

日々の生活に上記食品や唾液腺マッサージ、そして「強さ引き出すR-1」を取り入れ、様々な細菌やウイルスに打ち勝ちましょう。

-生活, 知識
-, ,

Copyright© 雄渾雄編雄材大略 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.