~善き場所善き物善き知識~善き場所を訪れ、善き物を見て、善き知識を身に付ける事で、心穏やかで感性豊かな人間になりたい。そんなブログ運営をしていきたいと思います。

雄渾雄編雄材大略

トレンド 知識

新型コロナウイルスによる肺炎の世界的な感染拡大と懸念される点

更新日:

こんにちは!自由を目指す雄です。
今日も私のブログにお越し頂きありがとうございます!

猛威をふるう新型コロナウイルスによる肺炎。
その感染スピードは爆発的で、中国から到着する訪問者を入国拒否する国も出始めています。

かつてない感染スピード

中国政府は2020年2月3日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の国内死者は361人になったと発表し、2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)時の中国の死者349人を超えたその翌日のことです。

中国湖北省の衛生当局によると、4日夜の時点で新型コロナウイルスによる全体の死者は中国本土以外の2人を含め計427人に達しました。

このうち湖北省での死者が414人を占めています。

当局の発表によると同省ではこの日、感染者の数も更に2345人増えて計13522人となりました。

省内で1万990人が入院し、このうち576人の患者が重体とされています。

新型コロナウイルスによる肺炎のため、マニラ首都圏の病院に入院していた44歳の中国人男性が2月1日に死亡し、中国本土以外で初めて死者が確認されています。

新型コロナウイルによる肺炎で、4日に香港の男性患者1人が死亡したことが分かり、中国本土以外で新型コロナウイルス感染者の死亡が報告された例は、フィリピンに続き2件目となりました。

男性は持病のあった39歳で、1月21日に香港から高速鉄道で感染拡大の発端となった中国湖北省の武漢市を訪れ、23日に同省の長沙南駅から香港に戻り、発症前に医療機関や生鮮市場、海鮮市場を訪れたり、野生動物と接触したりする機会はなかったとされています。

2020年2月4日夜の時点で、世界全体では中華人民共和国含む27カ国で感染者数20661人、死亡者数427人と爆発的な感染スピードと言えます。

米国では夫婦間によるヒトヒト感染

アメリカ時間の2月2日、新型コロナウイルスによる2番目のヒトヒト感染が、カリフォルニア州サン・ベニート郡で確認されました。

最近、武漢に旅行した男性とその妻が新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたが、妻は武漢には行かなかったので、妻は武漢から戻ってきた夫から感染したことになります。

夫妻はともに57歳で入院しておらず、自宅隔離している状況です。

アメリカでの最初のヒトヒト感染は、先週イリノイ州シカゴで発生しましたが、それも夫妻間で起きたものでした。

最近武漢を訪問したイリノイ州在住の女性から、その夫は新型コロナウイルスに感染し2人とも入院しました。

ほぼ確実にパンデミックになる

パンデミックとは、ある病気(感染症)が国中あるいは世界中で流行する事。

WHO(世界保健機構)は、ひとつひとつの感染症のパンデミックの(その時点での)状況を6つのフェーズ(段階)に分けて分類している。


フェーズ6(パンデミック期):パンデミックが発生し、一般社会で急速に感染が拡大している 。

上記出典:Wikipedia

freakwaveによるPixabayからの画像

ヒトヒト感染が増え中国国外での死者も出る中、感染症研究の世界的権威として知られるアメリカ国立アレルギー・感染症研究所所長のアンソニー・フォーシ博士が、パンデミックという言葉に言及しました。

「コロナウイルスは、非常に、非常に伝染力がある。
パンデミックになるのはほぼ確実だ。
しかし、カタストロフィック(壊滅的)になるか?それはわからない。」

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルスがパンデミックとなることを想定して準備しています。

大手医薬品メーカーによれば、同ウイルスに対するワクチンの開発には1年~1年半かかる可能性があるとのことです。

CDCの前ディレクターであるトーマス・フリーデン博士も、封じ込めの難しさに言及しています。

「ウイルスはいよいよ封じ込められなくなりそうだ。
だから、インフルエンザや他の微生物のように感染が拡大するだろう。
しかし、どこまで拡大し、どれだけの人が亡くなるかはまだわからない。」

両者の見解を合わせると、伝染力があるため、封じ込めが難しいほど感染が拡大し、パンデミックになるのはほぼ間違いないが、どの程度深刻な状況まで行くかはわからないということになります。

中国から到着する訪問者を入国拒否する国続々

先が読めない新型コロナウイルスによる肺炎に対し、アメリカは「非常事態宣言」を出し、迅速に厳格な予防策をとりました。

それは、アメリカ国民に中国全土への渡航禁止を勧告し、実質的に中国から到着した訪問者を入国禁止にする措置です。

1. 到着前14日間の間に中国に滞在した外国人の入国を拒否。

2. 中国本土の他の地域を訪ねた米国民は指定された11の空港でスクリーニングを受け、14日間自宅観察をする。

3. 湖北省を訪ねた米国民は、入国後、潜伏期間の14日間強制隔離する。

アメリカ以外でも、中国から到着する訪問者の入国を禁じる措置が次々取られ始めています。

フィリピンは中国国外で新型肺炎による初めての死者が出たことをうけ、香港やマカオを含めて、中国から来る訪問者の入国を禁止しました。

ニュージーランドは2月3日から中国から到着する旅行者の入国を拒否し、国に戻って来たニュージーランド国民を14日間自主隔離させる措置をとっています。

インドネシアは到着前14日間の間に中国に滞在していた訪問者の入国を禁止すると発表しました。

イラクは中国から到着するすべての外国人の入国を禁止すると発表し、シンガポールは中国人訪問者と到着前14日間の間に中国に滞在した外国人の入国を禁止しています。

ベトナムは5月1日まで、中国、香港、マカオから来るフライトの乗り入れを禁止とし、モンゴルは3月2日まで中国との国境を閉鎖しています。

韓国では、中国からの訪問者の入国禁止を求める嘆願書への署名が進み、署名者数が54万を超えました。

アジアの国々が次々と厳格な予防策へと移行する中、日本は「湖北省に日本到着前14日以内に滞在した外国人と、湖北省発行の中国旅券所持者の入国を2月1日から当面禁止する」に踏み留まっています。

感染症研究の権威がパンデミックとまで言及した今、日本政府はもっと厳格な措置を講じるべきではないでしょうか。

急拡大する「中国生物兵器説」

インターネット上で急拡大しているのは「中国生物兵器説」でしょう。

感染拡大の中心地・中国中部の武漢市に世界有数のウイルス研究所「中国科学院武漢病毒研究所」があることが最大の根拠となっています。

実際に武漢市での感染拡大が発覚した当初、このウイルス研究所が関与したかどうかについて安全保障の専門家の間でも水面下で議論が進んでいたというから一定の考慮の価値はあります。

この研究所は日本を含め世界でも100に満たない最高レベルの安全管理基準であるBSL-4(生物学的安全レベル4)に準拠した施設です。

フランスの技術が導入されアメリカの研究所とも深い連携を結び、ウイルスが逃げないよう空調など万全の施設を整えているとされるのが武漢市の研究所です。

気になるのは、この研究所に対する警告をアメリカの分子生物学者が2017年の時点で英科学誌ネイチャーの記事で発していることです。

この学者によると、研究所の発足前に中国ではSARSウイルスが別の施設から何度も漏洩したことがあるといい、別の学者も「透明性こそが研究所の基礎」として閉鎖的な中国での運用を危惧する意見を表明していました。

-トレンド, 知識
-,

Copyright© 雄渾雄編雄材大略 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.