~善き場所善き物善き知識~善き場所を訪れ、善き物を見て、善き知識を身に付ける事で、心穏やかで感性豊かな人間になりたい。そんなブログ運営をしていきたいと思います。

雄渾雄編雄材大略

トレンド 知識

今度は武漢の魅力に目を向けてみましょう!武漢とはどんな都市?

更新日:

こんにちは!自由を目指す雄です。
今日も私のブログにお越し頂きありがとうございます!

2019年の末から、新型コロナウイルスによる肺炎でその名が世界に知り渡った武漢。

暗い報道は続きますが、ここでは武漢の魅力に触れてみたいと思います。

基本情報

武漢は、中国内陸部湖北省の東部に位置する都市で湖北省の省都です。

かつては武昌・漢口・漢陽の3市からなり、それらを総称して武漢三鎮と呼ばれていました。

武昌は政治、漢口は商業、漢陽は工業の要衝地で、現在はそれらが合併して武漢市となっています。

長江中流域の中心都市として発展し、現在も経済的に重要な都市として、政府から華中地方唯一の副省級市に指定されています。

また、近年は大型の商業施設も多数建設され、その様子は躍進めざましい現在の中国を象徴するかのようです。

武漢は経済の中心都市としてだけでなく、長江に面した東湖を中心に自然豊かで風光明媚な観光スポットがたくさんある観光都市でもあります。

雄大な長江や美しい東湖は、訪れる観光客の癒しともいえるでしょう。

武漢の気候

武漢は温暖湿潤気候に属し、夏はとても暑く夜でも気温が30℃以上の熱帯夜が続き、 南京・重慶と並び中国の三大ボイラーと呼ばれています。

出典:ANA

市内に河や湖が散見することから湿度が高い上、風があまり吹かないので体感温度ではさらに高くなる一方で、冬は寒く1月の平均気温は4.0℃です。

出典:地球の歩き方

年間降水量は1150〜1450mmであり、6月〜8月の降水量はその40%を占め梅雨の時季には梅雨前線に覆われ雨の降りやすい天気が続きます。

出典:ANA

武漢の観光スポット

武漢長江大橋

intheskyによるPixabayからの画像

体力と時間のある方にピッタリの観光スポットと言われる武漢長江大橋は、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ長江に架かる鉄道道路併用橋で全長1,670m、道路部の幅22.5mの2層桁橋で、上が4車線の道路と歩道、下が鉄道の線路になっています。

川幅1,500mの長江を歩いて渡ってみてはいかがでしょう。

きっと、忘れられない武漢観光の思い出がになることでしょう。

新中国成立後、1975年ソビエト連邦の技術協力により長江に初めて架けられたこの武漢長江大橋は、今も最重要幹線道路となっています。

黄鶴楼

LinclによるPixabayからの画像

武漢のシンボルの一つといえるのが黄鶴楼です。

黄鶴楼は武漢随一の名勝地であり、中国の「江南三大名楼」とも言われています。

この黄鶴楼は、李白の代表的な漢詩「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」にも登場する、古くから愛された観光名所です。

三国時代の223年、呉の孫権によって軍事目的の物見櫓として建築されたのが始まりで、長い歴史の中で幾度も焼失と再建が繰り返され、1985年6月に再建されたものが現在の黄鶴楼となっています。

近隣には武漢長江大橋や辛亥革命武昌起義記念館などもあり、一度は訪れておきたい場所の一つです。

武漢大学

IanstyleによるPixabayからの画像

武漢大学は最も歴史ある中華人民共和国国家重点総合大学の一つであり、その前身は清代の1893年に湖広総督張之洞により創立された自強学堂です。

1928年7月に国立武漢大学と正式に名称が制定され、民国の四大名門大学の一つとして名高く、そのキャンパスは広大で散策するだけでも楽しめます。

武漢大学は風光明媚な場所に位置しており、東湖の景勝地区に面し、珞珈山に囲まれているので、キャンバスには木が鬱蒼と生い茂り、鳥がさえずり、花が香り環境は素晴らしく、まるで画のように美しく、世界で最も美しい大学の一つと言われています。

大学内の建物は、近代的な建物と旧式の建物が調和し、構内には緑も多いので、観光として見て回るにも良い場所といえるでしょう。

また、ここには日中国交正常化以来植えられたたくさんの桜があり、毎年見事に花開きます。

その時期には大学が解放され、多くの見物客で賑わうことでも有名で、3月末には数十万という人が訪れ、学府とは思えないほどの観光スポットです。

日本から武漢への行き方

武漢天河国際空港は、湖北省武漢市黄陂区に位置する国際空港です。

中国国内のハブ空港でもあり貨物運輸において中国郵政航空の焦点空港となっています。

2017年にターミナル3が開港し、ターミナル1と2は現在利用されていません。

建物面積は51.983万㎡で中国中部最大であり、中国4番目の空港ターミナルビルで武漢中心部の北西に位置し、市内中心部へは車で40分程度となります。

 

成田国際空港(NRT)から武漢天河国際空港(WUH)へは、中国南方航空、春秋航空日本、中国東方航空、ANA(中国国際航空がコードシェア)が直行便を運航しています。

成田国際空港(NRT)から武漢天河国際空港(WUH) までの飛行時間は、平均4時間19分です。

逆方向の武漢天河国際空港(WUH)から成田国際空港(NRT)への飛行時間は平均3時間49分で、日本発の行きよりも帰りの武漢発のほうが飛行時間は短くなります。

-トレンド, 知識

Copyright© 雄渾雄編雄材大略 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.